即日でお金を借りるにはどんなことが大切なの?

 

思いもよらない急な出費で、どうしても今日中にお金を借りる必要があるなんて事に出くわす方もいるでしょう。
そんな急な資金ニーズに応えてくれるのがカードローンです。
即日融資の環境は以前よりも整ってきており、より利用しやすくなっています。

 

申し込んだその日に借りれるのは非常にありがたい事ですが、急いでいるととかく判断を誤りがちです。
せっかく即日融資に対応した業者に申込んでも手続を間違えたばっかりに、融資が翌日になってしまったなんてことにもなりかねません。
ここでは即日でお金を借りる際の注意点について解説していきます。

 

まず当たり前のことですが、即日融資に対応した金融機関を選ぶことです。
カードローンならどこでも即日で融資してくれるわけではありません。
きちんと申し込んだ当日にキャッシング可能な金融機関を選ぶようにしましょう。
審査は即日でも融資は翌日以降という金融機関もありますので、間違えないよう注意してください。

 

銀行カードローンにしようか消費者金融カードローンにしようか迷うところかと思います。
銀行は低金利で借りれるので非常に魅力を感じますが、即日で借りるなら断然消費者金融がお勧めです。
銀行カードローンも一部即日融資に対応していますが、条件がかなり厳しいです。
口座の指定があったり、年収〇〇円以上でないと申込不可だったり、申し込みの締切時間が早かったりとかなりシビアな条件となっています。
消費者金融なら条件もそこまで厳しくありませんし、時間に余裕を持って手続き可能ですから、いますぐにでも借りたいという人こそ選ぶべき金融機関です。

 

 

カードローンの申し込みの際には、こちらから提出しなければいけない書類がいくつかあります。
業者によって必要書類は若干異なりますが、基本は本人確認書類と収入証明書です。
消費者金融からの借入の場合、申込金額が50万円を超えないかぎりは原則収入証明書の提出は不要となりますが、金額に関係なくていしゅつを求められることもありますので、念のため用意しておくと良いでしょう。

 

即日キャッシングは基本的に銀行振込です。
自分の指定する口座に振り込んでもらい、後でキャッシュカードで借り入れという形になります。
銀行の営業時間は15時までとなりますので、それまでに振り込みが完了していないといけません。
ギリギリの振り込みですと翌日以降の扱いになる可能性が高いですから、申し込みは出来るだけ早めに済ませておきましょう。
金融機関ごとに締切時間は異なりますが、目安は14時です。
14時までに全ての手続を完了させれば当日融資に間に合う可能性が高いです。
但し混雑も予想されますので、申し込みは前日の夜に済ませておくのがより確実かと思います。

 

平日は仕事という方も多いでしょうから、口座振り込みに間に合わない方も多いかと思います。
ですが銀行の時間外でも即日キャッシングが可能ですので安心してください。
大手消費者金融なら銀行の時間外であっても自動契約機を利用すれば問題ありません。
自動契約機はその日のうちに契約完了すればその場でカード発行してくれます。
インターネットから申込んで無人契約機でカード発行も出来ますし、始めから無人契約機で申し込みから契約手続きまでしてケード発行という方法も出来ます。
無人契約機に行く場合は必要書類を持参することを忘れないようにしましょう。
直接無人契約機で申込みしても審査落ちしてしまえば大きな時間ロスとなりますので、申し込みはインターネットで済ませておくほうが効率的です。

 

 

無人契約機は平日15時以降だけでなく土日祝日でも即日キャッシング可能です。
週末にお金が必要なときでも対応できますので非常に便利です。
土日は休業の会社に勤務している方は多いかと思います。
審査では在籍確認のために勤務先に電話連絡をしますので、会社が休みですと確認が取れず融資も受けられません。
会社が休みの日に審査を受ける場合は、電話ではなく書面の提出で在籍確認できるか事前に相談しておくと酔いですよ。
大手消費者金融なら社員証や保険証の提出で在籍確認可能ですが、自分から言わないかぎりは電話での確認となりますので注意しましょう。

 

無人契約機にも申し込みのタイムリミットがありますので、何時までに申し込みすれば融資が受けられるのか必ず確認してください。
目安は19時となりますのでそれまでに申し込みをしておかないと即日融資は難しいです。
また利用する金融機関ごとに無人契約機の設置数が異なります。
地域によっては無人契約機が設置されていない金融機関もありますので、自分の住んでいる周辺に無人契約機があるか必ず確認してくださいね。

 

 

大手消費者金融はネット銀行と提携しており、これにより15時以降でも口座振り込みが当日に反映可能となっています。
もしネット銀行をお持ちで、提携している消費者金融があるならこれを利用するのも一つの手です。

 

以上、即日融資の注意点となります。